« 読み終わりましたけど・・・ | トップページ | 休みも最終日 »

2冊目を読み始めました

今日から年末に買い込んでおいた加治将一のもう1冊の本、「幕末 維新の暗号」を読み始めました。

この本は、「おやつられた龍馬」に比べると、主人公も設定してあり、一応歴史小説の体はなしているように思います。

幕末から明治維新に撮られた写真の謎を追いかけるうちに殺人事件(?)が絡んだり、写真の謎を追求して欲しくなさそうな組織(人物?)が存在していそうだったりと、フィクション仕立てになっています。

ただ、主人公の望月真司は歴史小説家であり、「あやつられた龍馬」が前作であるというような記載もありますし、取材で撮った写真の掲載があることなど、完全なフィクションでもなさそうで、半フィクションといったところでしょうか?

今後どのような展開になるのか、自分としては「あやつられた龍馬」よりは面白そうな気がしています。

幕末 維新の暗号 Book 幕末 維新の暗号

著者:加治 将一
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 読み終わりましたけど・・・ | トップページ | 休みも最終日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/9731856

この記事へのトラックバック一覧です: 2冊目を読み始めました:

« 読み終わりましたけど・・・ | トップページ | 休みも最終日 »