« メダカの観察 | トップページ | 何も決まらないんじゃない? »

本当にできるの?

過日辞退した建築工事の入札結果の閲覧に行って来ました。

11社応募していましたが、応札したのはわずかに3社だけ。7社辞退で1社入札書未達(全てエントリーしてたようなので積算が間に合わなかったのでしょう)。

かなり詰めて積算しても予定価格オーバーになってしまった会社は辞退したものと思われます。

しかし、応札した3社のうち、2社は予定価格から7~8%近く切って入札しています。どうやったらそんな数字が出せるのか・・・

建築確認の厳格化で物件が極端に減っているのは分かりますが、持ち出してまで受注するのはどうなんでしょう?

「仕事があってもなくても社員に給料払わなくちゃならないから遊ばせておくよりはまし」というレベルを超えてると思うのですが・・・

今さえ乗り切れば明るい兆しが見えるというのならそれも有りかとは思いますが、お先真っ暗なんですから、そんな事をしても死期を早めるだけだと思うんですけどねぇ。

そういう物件はどんどん不調にしてしまって、少しでも単価が良くなるようにした方が賢明のような気がしますが・・・

|

« メダカの観察 | トップページ | 何も決まらないんじゃない? »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/11455146

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にできるの?:

« メダカの観察 | トップページ | 何も決まらないんじゃない? »