« 効いてるのか? | トップページ | 書き方に問題があったようで »

議員さんは数字だけでものを言う

今日の朝刊に、常任委員会でのある議員さんの発言を基にした、入札に関する記事が載ってました。

1社しか応募がなかった物件や、予定価格の100%で落札された物件が数件ある事で、談合の疑いがあるような書き方の記事でした。

なんせ、タイトルが「談合 本当に消えた?」ですからねぇ。

確かに予定価格の100%で落札するのは一般的には異常かも知れませんが、中には満額で取っても赤字という物件があるのも事実です。

どうして1社しか応募がなかったのか、どうして100%での落札になったのか、どうして不調や不成立が起きたのか、その背景や実情を調査せずに、数字だけを見て直ちに「談合の疑いあり」と見るのはいかがなものかと思います。

たまたま改札の立会いに行った時に、取れても取れなくても毎回予定価格の100%で札を入れている会社があり、こういう戦略もあるのかと感心したものでした。

ただ闇雲に失格ラインギリギリを狙うばかりが能じゃないなと思いました。失格ラインギリギリで入れたところで、他社も同じ考えですからくじ引きになり、絶対に取れるという保証はありません。取れたところで失格ラインギリギリでは一般管理費なんて出る訳もなく、良くて現場管理費まで賄えて収支トントン、下手すりゃ赤字です。

その点、毎回満額で入札していれば、たまたま他に応募者がいなければ100%で取れるのですから、赤字覚悟で受注するよりは遥かにいいですよね。どちらも間違いなく取れるという保証がないのですから。ただ、こういう戦略は、「取れればラッキー」ぐらいに考えられる、ある程度余裕のある業者しかできませんけどね。

で、その後の入札結果を注目していたのですが、何とその業者はその後予定価格の100%で2本も落札していました。見事としか言いようがありません。

まぁ、今回それが疑念を持たれる一因とはなってしまったようですが、各社受注するためにいろいろと考えているのですよ。

一般競争入札なのだから、1社しか応募がなくても広く応募者を募った結果だからという理由で(だろうと勝手に想像してるだけですが)入札が成立してしまうのが良いのか悪いのか、130万円以上は全て一般競争入札にしてしまったのが良いのか悪いのか、今回の記事ではその辺のところを突かれていたように感じました。

業者から現状を聞けばこういう事があっても別段不思議でも何でもないという事が分かると思うのですが、調査もせずにただ数字だけ見て騒ぎ立てるのもいかがなものかと思いますし、メディアもそれを鵜呑みにする事無く、きちんと調査した上で報道してもらいたいと思います。(あっ、そうだ。これに類似する報道を思い出したので、その事についてはまた明日にでも書ければ書きます。)

|

« 効いてるのか? | トップページ | 書き方に問題があったようで »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

どうせくじなら、全員が100%で入れてくじ引いたら良いんだ!

投稿: 流氷の悪魔 | 2008年6月24日 (火) 19時00分

crying無学、勉強不足で議員が務まるから楽なもんです。特に西....の方の議員はあら探しばかり。あのような議員を当選させる街はさすが都会です!

投稿: 菌ちゃん | 2008年6月24日 (火) 19時07分

流氷の悪魔さん:
それができればいいのでしょうが、絶対に裏切り者は出ますよね。
針千本マシーンがありませんから・・・


菌ちゃん:
人口が多いと、面白がる輩がそれなりにいるので当選しちゃうんでしょうね。

投稿: 馬の骨 | 2008年6月25日 (水) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/21861867

この記事へのトラックバック一覧です: 議員さんは数字だけでものを言う:

« 効いてるのか? | トップページ | 書き方に問題があったようで »