« どうしても悪者にしたいのかしら? | トップページ | 日頃のご愛顧に感謝して »

見積り作るだけだって金はかかるんです

お役所の出先機関(学校とか、中央省庁の地方事務所とか)から、よく予算取りの見積り依頼やら修理の見積り依頼やらが来ます。

昔は金額が小さくても、下見積りをやっていればAB混合にして指名に入れてくれたりという配慮がありましたし、こちらにもいずれ大きな物件が出た時に指名をはずされないないようにという思惑があって、そういう見積り依頼には応えて来ました。

しかしながら、入札制度改革の名の下にランクによってきっちり金額が線引きされるようになり、いくら下見積りしても金額が小さければ指名ももらえず、一般競争入札になったとしてもランク外で参加もできず、みすみす他所の業者の手伝いをしているような状態になっています。

ある中央省庁の出先事務所では、職員用の住宅をたくさん持っているので、当社で施工した物件以外も全て修理等の面倒を見て来たのですが、ここ数年は数万円とか十数万円の物件でも見積り競争をさせるようになり、必ずしも当社に発注されるとは限らないという状況になって来ました。

従業員が数十人いる会社と父ちゃん母ちゃんでやっている業者じゃ、かかる経費が全く違いますから、そんなところが見積り競争相手では勝てっこないですよ。

なので、最近は競争相手がいる場合はお断りしています。

だって、例えば10万円の工事で経費を20%もらったって2万円ですから、見積りするのに現地を見に行った、見積りをした、工事しに現場に行った、請求書等必要書類を提出しに行った、なんてやってたら全く割に合わないですもの。

後々のニンジンでも見えてるんならそれでもいいですが、ニンジンもぶら下げずにその割の合わないものまで競争にさせられたんじゃたまったもんじゃないですよ。

また営業所のある町でも、当社施工物件の修理等の見積り依頼は来るものの、仕事はことごとく町内業者に出してしまい、この1年間で受注できたのは4件で20万円ちょっと。

鼻から町内業者に出すつもりならば、町の担当職員が現調して数量出して発注するか設計事務所に頼むのが当然なのに、いいように使われてしまっているような感じです。

「今度からは見積り出す時に、積算費用っていう請求書も一緒に出したら」とは所長には言ってはみましたが、それはやらないでしょうね。自分でも絶対そうしろとも言い切れないし・・・

その業を生業としてる人にものを頼めば金がかかるのは当然だと思うんですけど、こちらもまだ昔の体質から脱却できてないって事ですわ(笑)

ただ、市場原理だけがもっと幅を利かすようになるようだと、積算費用は積算費用できちんといただくなるようになるでしょうね。ボランティアでやってるんじゃないですから。

|

« どうしても悪者にしたいのかしら? | トップページ | 日頃のご愛顧に感謝して »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/23085828

この記事へのトラックバック一覧です: 見積り作るだけだって金はかかるんです:

« どうしても悪者にしたいのかしら? | トップページ | 日頃のご愛顧に感謝して »