« ヒーローになれなかった | トップページ | 安全大会 »

どこまで安くなるのだろう?

今日の日経平均株価の終値は7200円を切り、約26年振りの水準にまで落ち込んだそうです。

ここまで下がってしまうと、これまで一応勝ち組と言われて来た企業でも設備投資の意欲は落ちてしまうという気がします。

個人消費についてもますます財布の紐は固くなるでしょうから、家やマンションといった一生に一度あるかないかの高額な買い物はなかなかしようという気にはならないでしょうね。

公共事業費は年々削減し続けられていて、更に民間の需要まで落ち込んでしまうとなると、既にほとんど体力がなくなって来ている地方の中小建設業者にとってはもう限界に近いのではないでしょうか。

麻生さんが経済対策をいくつか打ち出しているようですが、どれほどの効果があるのか・・・

1億総中流の頃が懐かしい。

|

« ヒーローになれなかった | トップページ | 安全大会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/24784960

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで安くなるのだろう?:

« ヒーローになれなかった | トップページ | 安全大会 »