« 行ったり来たり | トップページ | 一人12000円 »

地方農政局と地方整備局は無くなるのか

昨日、麻生首相が地方分権改革推進委員会に対し、地方農政局と地方整備局の「廃止を含めた地方への大幅移譲」を検討するよう指示したと報道されていました。

それぞれがどこまでの業務を担っているのかは分かりませんが、工事の発注という部分だけで考えると、なくてもいいのかなと思えます。

自分が知る限りにおいては、県内の農政局発注の工事は大規模なかんがい排水だけでしたので、これは何も農政局じゃなくてもできるような気がします。

整備局の方も、道路は二桁までの国道が直轄で、それ以外は都道府県が工事から管理までやっていますし、河川も直轄と都道府県、市町村管理と分かれていて、何も直轄じゃなくてもいいんじゃないのかと思えます。

ただ、ダムのように期間が長く、莫大な予算を必要とするものとか、技術的難度の高いものについては、地方自治体にそれなりの知識と技術を持った人がいない限り直轄じゃないと無理なのかなという気もしますが。

水資源機構などもダムを造ったりしますので、そういう同じような事業をやる所が複数あっても仕方ないと思うので、そういう所は統廃合すべきだとは思いますけどね。

農政局にしても整備局にしても、何か事業をやるとなればそこに事務所も設けて職員もそれなりの数常駐します。周りに何も無いような事務所では宿泊施設も作りますが、地方に移譲すればそういう施設は必要なくなるでしょうから、それだけでもかなりの経費節減になるはずです。

しかし、農政局・整備局が廃止になればそれは画期的な事だと思いますが、まぁまず無理でしょうね。

そこにいた職員はどうするのかという問題もありますし、農水省・国交省はもとより、省出身の族議員さん達の抵抗は大きいでしょうから。それにOBの受け入れ先としてそこにくっついて食ってる業者も相当数いるでしょうから、そちらからの圧力も相当あるでしょう。

今までも省庁の再編とか統廃合とかやって来てますけど、ほとんどが名称を変えただけで実態はほとんど変わってないっていうのが多かったですからねぇ。

麻生さんがそこまでやれるだけの器量があるのかどうか・・・

|

« 行ったり来たり | トップページ | 一人12000円 »

仕事」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/25110332

この記事へのトラックバック一覧です: 地方農政局と地方整備局は無くなるのか:

« 行ったり来たり | トップページ | 一人12000円 »