« こんなにカロリー低いの? | トップページ | 何が起きたんだっ? »

書類の簡素化

県の竣工検査の書類が新年度から簡素化されるという事で、今日の委員会時に説明がありました。

500万円以下の工事では大幅に書類は簡素化されたようですが、3000万円以上の工事についてはほとんど変わらない感じです。

「提出」から「提示」になった書類もあるようですが、「提示」するためには作っておかなくちゃならないので、結局減ったという感じはないような気がします。ただ、検査時に必要な書類は少なくなったのかな?という気はします(技術屋じゃないのではっきりとは分かりませんが・・・)。

最初に検査班長の挨拶がありましたが、思わずうなずいてしまった言葉がありました。

「最近の技術者は書類に頼りすぎるためにあまり現場に行かない。そのため現場の姿が図面から読み取れなかったり、現場ですぐに結論が出せなかったりして工程遅れの一因となっている事もある。監督員の技術向上のために現場実習等を行っているが、書類の簡素化は、監督員が現場に出る時間を増やし、技術力の向上を目指すという意味もある。」

いろいろな層で意見交換会などをやっているようですので、このような実態は耳にタコができるほど聞かされているのでしょう。上の方の方々はよく分かってらっしゃる。

意図した効果があればいいのですが・・・

|

« こんなにカロリー低いの? | トップページ | 何が起きたんだっ? »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/28213645

この記事へのトラックバック一覧です: 書類の簡素化:

« こんなにカロリー低いの? | トップページ | 何が起きたんだっ? »