« 2月が終わる | トップページ | 微妙なお年頃? »

在庫がなくなってしまった

最近戦国時代の歴史小説にはまっていて、北方謙三の「悪党の裔」、「楠木正成」、「道誉なり」、「陽炎の旗」、「破軍の星」、「破王の秋」と読み進めて来たのですが、北方謙三だともうこの時代のものはなさそうなので(江戸幕末ぐらいになってしまうようです)、とりあえず司馬遼太郎を読んでみることにしました。

どんな感じかまずは手始めに短編集である「おれは権現」、「軍師二人」を読んでみました。

それなりに面白いのですが、何かちょっと物足りない感じがしたので、次は長編の「夏草の賦(上・下)」と「戦雲の夢」にしてみました。「夏草の賦」は長曾我部元親、「戦雲の夢」は長曾我部盛親が主人公として取り上げられていますので、「戦雲の夢」は「夏草の賦」の続編のような位置付けになっているようだったので敢えてこの二編にしました。

北方謙三もそうですが、同じ時代を扱った小説ですので、そこに名前が出て来る登場人物を主人公にした別の小説があります。主人公と切っても切れないほどの位置付けでは登場しないので、目線(誰を主人公にするのかによって)が変わった時に、その人物像をどう描写して行くのか興味深いところです。

北方謙三はハードボイルド小説から歴史小説を書くようになったせいか、合戦のシーンに迫力がありますが、司馬遼太郎は合戦のシーンをあまり事細かに書いてはいないような印象があります。それぞれに持ち味があって、個人的にはどちらも面白いと思っていますが・・・

で、今日在庫全て読み終わってしまったので、次は何を読もうかとまずは北方謙三から検索を始めたのですが、いつの間にやら司馬遼太郎になっていました(アマゾンの場合、他の著者の作品が検索の仕方によっては混じっている事があるんです)。

珍しく?司馬遼太郎の三国志の頃の時代の物(かな?)があったので、とりあえず6冊ほど注文しました。

|

« 2月が終わる | トップページ | 微妙なお年頃? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/28422719

この記事へのトラックバック一覧です: 在庫がなくなってしまった:

« 2月が終わる | トップページ | 微妙なお年頃? »