« 芸能人もいろいろあるんだろうなー | トップページ | さてと »

「ならず者国家」の面目躍如?

アメリカ人女性記者二人が北朝鮮に拘束され有罪判決を受けていましたが、クリントン元大統領がピョンヤンに出向いて行って何らかの取り引きがあったのでしょう、二人が恩赦を受け無事解放されたというニュースがありました。

これって営利誘拐とか、人質を取って立て篭もって自分の要求を通そうとするのと全く同じじゃないですか?

途上国のゲリラなんかがよく軍資金稼ぎに営利誘拐をやりますが、これらは一部の勢力ではあっても北朝鮮のような「国」ではない訳で、国としてこういう事をやっちゃいかんでしょう。

人質に取られてるのが自国民なんだからアメリカとしても放ってはおけなかったのでしょうが、もう少し毅然とした態度であるべきだったような気がします。こんなこっちゃますます付け上がるだけだと思うんですけどねぇ・・・

この際、北朝鮮という国がある事を忘れて、ミサイル撃とうが核実験やろうが全く関心も示さず、騒ぎもせず、完全無視を決め込んじゃうってのはどうでしょう?「北朝鮮?何それ?」、「えっ、そういう国があるの?」みたいな感じで(笑)

しかし、本当に何でも有りの国ですねぇ。       ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

|

« 芸能人もいろいろあるんだろうなー | トップページ | さてと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/30856195

この記事へのトラックバック一覧です: 「ならず者国家」の面目躍如?:

« 芸能人もいろいろあるんだろうなー | トップページ | さてと »