« 年のせいか? | トップページ | 十一月十八日 »

本当に政治主導なのか?

民主党にとって初めての予算編成に伴い、行政刷新会議の仕分け作業に関する記事が連日報道されていますが、今日のニュースでは財務省が仕分け人に対してマニュアルを渡していたという記事がありました。

この仕分け作業に関しては、「こんな短時間で判断するのはおかしい」とか、「単なる政治ショーだ」とか、いろいろな意見や批判が出ています。

確かに乱暴過ぎる部分もあるようには思いますが、同じような団体が数多くありそれぞれに予算がついているというような無駄を炙り出したり、本当に予算付けが必要なのかと思えるような事業の予算を削ったりと、ある一定の効果は上がっているように思います。

が、概算要求時に鳩山総理は「各担当大臣には査定大臣となって無駄を省いた要求をしてほしい」と言ってたので、本来であればその時点でかなりスリムになっていなくてはならなかったはずじゃないのでしょうか?

政治主導で概算を出したら過去最高の95兆円になってしまい、官僚(財務省)主導の仕分けでバンバン削られていくっていうのは、記事が本当であれば政治主導とはとても思えませんね。

結局、政治主導と言っても官僚の助けを借りなければ何ともならんというのが現状なのではないでしょうか?

こうやって、慣れるまではちょっとだけ手伝ってもらって、なんてやってるうちになし崩し的に気が付いたら元の官僚主導になっちゃってたって事になるんじゃないでしょうか?

この事業仕分けが、財務省の権力を絶対的なものにしてしまうなんて事にならなければいいのですが・・・

|

« 年のせいか? | トップページ | 十一月十八日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/32249898

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に政治主導なのか?:

« 年のせいか? | トップページ | 十一月十八日 »