« 方法はあるのかな? | トップページ | 朝青龍解雇か? »

まぁ妥当な結論でしょう

自民党は、今夏の参院選の比例代表候補として申請をしていた山崎さん、片山さん、保岡さんを公認しないと決定したそうです。

比例は70歳定年という規定がある以上はしょうがないでしょうね。そもそも衆院選で負けた自分に力がなかったのですから、選挙区から出るならまだしも、自分の選挙はしないで済む比例で出してくれなんてのは虫が良過ぎますよね。

山崎さんなんて、自民党公認がもらえなかったら他党からの立候補も模索してたようですから、とにかくしがみついていたかったんでしょうね。

負けた原因をよく追究して、足りなかった部分を補うように行動して、時期衆院選に賭けるぐらいの潔さが必要なんじゃないかと思いますけど。何か見苦しくて、更に評判を落とす結果になったのではないでしょうか?

例外を作れば後々困る事もあるでしょうし、いつまでもベテランが居座っていたのでは古い体質を引きずるでしょうから、今回の谷垣さんの判断は正しかったと思うし、同時にもう派閥の力が通用しなくなった事を実感させる結論だったと思います。

|

« 方法はあるのかな? | トップページ | 朝青龍解雇か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/33157755

この記事へのトラックバック一覧です: まぁ妥当な結論でしょう:

« 方法はあるのかな? | トップページ | 朝青龍解雇か? »