« まだちょっと寒かった | トップページ | ISO定期審査 »

読み終わりました

北方三国志全13巻読み終わりました。

吉川英治の三国志が古文の教科書を読んでいるような感じとは違って、純粋に小説として読めたって感じですかね。

それと、吉川三国志はある程度「蜀」なら「蜀」の流れを書いておいて、次に「魏」の流れを遡って追っていくというような書き方だったので(だったと思う)、「蜀」のどの時点で「魏」はこういう動きだったのかが分からなくなり、頭がこんがらがってしまったような気がしますが、北方三国志ではあまり時期のズレがないように書いてあるので分かりやすかったと思います。

終わり方がいかにも北方謙三らしいのですが、吉川三国志ではどういう結末だったのか、実は全く覚えてません。結末というより、劉備が死んだ後どうなったのか、全く覚えてないんです・・・

劉備が死んだぐらいのところから、吉川三国志もう一度読んでみようかな。

北方作品では、あと「楊令伝」と「史記」を読みたいのですが、まだ単行本しか出てなくて、単行本だと大きくて持ち歩くのに不便だし、何といってもお高いし・・・

そんな事もあるので、GW中は吉川三国志を後半ぐらいから再読してみようかと思います。

|

« まだちょっと寒かった | トップページ | ISO定期審査 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/34383192

この記事へのトラックバック一覧です: 読み終わりました:

« まだちょっと寒かった | トップページ | ISO定期審査 »