« 3ヶ月予報と日韓戦 | トップページ | くだらない事で »

ペットボトル症候群

ペットボトル症候群と言うのは、たくさん砂糖の入った清涼飲料水や缶コーヒーなどを大量に継続的に飲み続けることで太りやすくなり、血糖値が高くなって、急性の糖尿病になるというものだそうで、最近では10~30代の人に増えている現代病だそうです。

症状としては、『体のダルさ』や『ノドの渇き』、『トイレに行く回数が増える』などがあり、最悪の場合は、昏睡状態に陥って病院に運ばれるケースもあるそうです。

最近ではノンカロリーとかカロリーオフと表示された飲み物が多いですが、炭酸飲料水(350ml)の糖分をスティックシュガー(3g)で換算すると、ノンカロリーで1.5本、カロリーオフで約5本、通常のもので約12本分になるとか。じゃ、ノンカロリーとかカロリーオフじゃない飲み物にはどんだけの糖分が含まれてるんだか・・・

どうしてペットボトル症候群なるものになるのかと言うと、血糖値が高くなるとノドが渇き、その渇きをうるおすために清涼飲料水を飲む。するとさらに血糖値が高くなり、またノドが渇いて清涼飲料水を飲む。そして、さらに血糖値が上がる。そんなスパイラルに陥るのだそうです。ちなみに、ペットボトル症候群は肥満の方に多いのは当然だと思えるのですが、高血糖の状態がさらに進んでいくと、体はどんどん痩せていくのだそうです。

高血糖なのに痩せるってのは信じ難い気もしますが、体の中に入った糖はインスリンというホルモンによってエネルギーとして利用されますが、高血糖の人はインスリンの分泌能力が少ない場合が多く、血液中にはたくさん糖があるのに、エネルギーとして利用されない状態になり、そうすると体は糖が足りないと判断して、脂肪を分解して糖をつくり始めるので痩せるのだそうです。

怖いですねぇー。

ノドが乾いた時は水かお茶にしましょうね。

|

« 3ヶ月予報と日韓戦 | トップページ | くだらない事で »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/34892537

この記事へのトラックバック一覧です: ペットボトル症候群:

» ペットボトル症候群、新しい現代病。 [気になったことを適当に書くブログ]
「ペットボトル症候群」という現代病が20〜30代の間で流行っているようです。発表したのは、聖マリアンナ医科大学の研究チーム。ペットボトル症候群とは、文字通り、ペットボトル飲料の過剰摂取から起こる病気で、急性糖尿病の一種。症状としては、、『体のダルさ』や『ノドの渇き』、『トイレに行く回数が増える』などが見られ、最悪の場合は、昏睡状態に陥って病院に運ばれる事態にもなるようです。ペットボトル症候群は、本人が無自覚の場合が多く... [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 19時47分

« 3ヶ月予報と日韓戦 | トップページ | くだらない事で »