« こっちもくじ引きか | トップページ | 夏休み初日 »

利益を出しちゃいけないって

あっちこっちで緊急雇用対策の業務委託が発注されてますが、これに関しては受注した業者は利益を出しちゃいけないんだそうです。営利企業なんですけどねぇ・・・

これは、ハローワーク等に求人を出して、求職者を新規に何人か雇い入れて道路の草むしりやガードレールの清掃等をさせるというものですが、仕様書には労務費が全部でいくら、そのうち新規雇入れ者にいくら支払いなさいと明記してあります。

また、期間中の労務者は累計で何人、その内新規雇入れ者は何人とも明記されてます。

新規雇入れ者に支払いなさいという金額をその人数で割ると、公表されている軽作業員の労務費とほぼ同額になるのですが、残りの金額を残りの人数で割ると、新規雇入れ者に支払う金額よりも少なくなってしまいます。ズブの素人の方が金額が高いなんて事ある?

たとえその人数に達しなくて仕事が終わったとしたら、浮いた分は受注者の利益にしてはいけなくて、返納しなくちゃならない仕組みのようです。

利益を出しちゃいけない事を営利企業に発注するのっておかしくないですか?だったら利益を出す必要が無い役所が直接雇用すればいいと思うんですけどねぇ・・・

少しでも利益が出るのであればやりたい人もいるでしょうけど、これじゃ誰もやりたがらないですよね。何やかんやと書類も多いし。

ところが、その辺のところは敵も然る者、総合評価の加点対象にするというニンジンをぶら下げたんですねぇ。

満額で入れて、くじで当たっちゃったらしょうがいなからやるかと最悪の場合の覚悟は決めて臨みましたけど、見事にニンジンにかじりついた人がいたので助かりました。

これからもこんな仕事が年に何本も出て来るのかしら???

|

« こっちもくじ引きか | トップページ | 夏休み初日 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/36134597

この記事へのトラックバック一覧です: 利益を出しちゃいけないって:

« こっちもくじ引きか | トップページ | 夏休み初日 »