« 何をやるんだろ? | トップページ | 半日潰れた »

ホッとした

実は大型自動二輪の免許取りに行ってました。

で、何とか今日卒業検定合格したので公表です。

そもそもの発端は、バイクを冬篭りさせるのにガレージに行った時に、オーナーに中古のバイクを見に行くのを付き合ってもらった車中で、「400も400超も自賠責の金額も車検の金額も同じなんだから大型取っちゃいなよ、若い人なら別だけどある程度年いった人は教習所も通してくれるから」という言葉にその気になってしまったのでした。

しかーし、もう25年ぐらいクラッチ付きのバイク乗ってないので、普通に走る分には問題ないのですが、一本橋(10秒以上)やスラローム(7秒以内)がなかなか上手くいきません。どちらかと言うとクリアできる回数の方が少なくて・・・

最後に何とかコツを掴んだような気がしたので、全然自信はないものの2段階を終了にしてもらい今日検定を受けた訳です。

検定中止(一本橋で落ちるとかカラーコンに接触するとか)にさえならないようにすれば、タイムが合格ラインじゃなくても減点だけで済むから合格の可能性はあると言い聞かせて臨みましたが、走り出したとたん緊張で手足に力が入らず、思うようにバイク操作ができず、まともに出来たのは急制動だけ。比較的得意としてた波状路も右に左にブレて、白線から出てしまったかもというギリギリのところだったので自分としては不合格だろうと思ってました。

不合格だったらどうしようか?緊張しぃなのは自分でも分かってるので、何回検定受けても合格できないかも知れないし、2時間補習をやってもう1回だけ検定受けるか、ここでやめてしまうか・・・

全員合格って言われた時は本当にホッとしましたよ。

相当大目に見てくれたんでしょうね。

ただ、普通の道を当たり前に走るだけなら、一本橋とかスラロームのような技術が必要な場面ってのはないような気がするんですけどねぇ・・・

事故が多いとか暴走族がまだまだいるって事で厳しくしてるのかも知れませんが、若い人と年配者を同じにしなくてもいいような気がします。

ある程度の年齢以上(何歳で線引きするのが適切かは分かりませんが)の人は違反や事故の経歴を見た上で、重量のある大型バイクを安全に運転できるかどうかを見極めるだけでいいんじゃないですかね。

二輪業界も苦戦してるようなので、そういう働きかけをして年配のバイク人口増やす努力してくれてもいいような・・・

まっ、受かっちゃったから今後の事はどうでもいいんですけどね(笑)

|

« 何をやるんだろ? | トップページ | 半日潰れた »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465678/38186042

この記事へのトラックバック一覧です: ホッとした:

« 何をやるんだろ? | トップページ | 半日潰れた »